Case Study 06

事例06

06

外観・共用部の大規模リノベーションにより、明るく清潔感のあるマンションに変身。収入アップと満室稼働を実現した事例。1991年竣工、6階建、鉄筋コンクリート、フルリノベーション

外壁に、トーンの低いタイルを使われていることもあり、全体的に暗くどんよりとした印象でした。1F外壁に明るい化粧タイルを貼ることで、清潔感があり、明るいイメージに一新することに成功しました。

修繕前のバルコニーは平成3年築の古さが否めませんでした。明るく高級感のあるタイルで、物件の雰囲気も明るく清潔感のある印象に。

照明が暗い上に壁や天井の塗装色も暗く、エントランスは昼なのか夜なのか分からない暗さでした。壁には外壁と同じタイルを使用。天井は白のダイノックシートを使用。LED照明へ交換、増設し明るく安心感のあるエントランスへと生まれ変わりました。

ゴミ置場も雑然としており、風防室ドアも故障して閉まらなくなっていました。ネームを新設し、高級感を演出。ゴミストッカーの新設とゴミ出しの日時を入居者へ周知徹底することで、奇麗で安心感のあるマンションへ。

グレーの塗装がチープな印象を与えた集合ポストが大理石調のダイノックにより高級感を演出。

照明が壊れて点灯せず、暗い青の塗装とグレーの天井が相まって昼でも相当な暗さでした。天井、壁を白く塗装し、LED照明を設置。常時点灯とし、非常に明るい廊下となりました。

2階吹き抜けにある装飾庭は味気が無い色味でした。落ち着いた色調とアクセントのピンクストーンで、建物がより洗礼された印象に。